6月 定例会へのお誘い
日時: 6月22日 (土) 10時〜12時
場所: 新座市福祉の里
講座タイトル: 多職種との連携を考える 〜社会福祉士の視点から〜
講師: 古川礼子 大嶋陽子 (音楽療法士・社会福祉士)
視点: 音楽療法の現場は、他の専門職の人々との連携で成り立っています。 
     今回は2名の音楽療法士が実際体験した事例などから、よりよい音楽療法を行うため
     の原則や留意点を学びます。
     受講者がそれぞれの職場に持ち帰り、安心してより良い音楽療法が行えるよう
     配慮された内容です。
     
     
     
7月 定例会へのお誘い
日時: 7月27日 (土) 10時〜12時
場所: 新座市福祉の里
講座タイトル: 現場が輝くアイディア集  〜 脳トレ編2 〜
講師: 山口知代 (上尾中央看護専門学校非常勤講師)
視点: 超高齢社会において認知症予防のための音楽療法は、ますます求められてきていま
     す。楽しく講座に参加した結果脳トレになっていた、思わず笑顔で体を動かしたなどの
     声が聴かれた実例 (一般公開講座で人気があった方法の一部)を紹介します。
     
     
     
第14回 愛音集中セミナー開催のお知らせ
日時: 5月25日(土)10時〜16時まで
場所: 新座市福祉の里:講義室、会議室 
費用: 会員 5,000円 (早期申し込み4,500円:4月末までの申し込み)
     一般 6,000円 (早期申し込み5,500円:4月末までの申し込み)
申し込み方法: 郵便局払込票「00160−4−278607」NPO法人あいね宛て払込
          当日受付へ払込領収書をご提示ください。
内容:
1)講義
「ハンドベルの演奏:その技法と効果について」
2)演奏
「ハンドベルコスモス」による演奏を聴こう
3)ワークショップ
「対象者に沿った奏法と活動の広げ方を考えよう」

あいねでは、新座市の委託により20年余り前から障害を持つ人とのハンドベル講座(ハンドベルコスモス」を、月に2度開催しています。その成果は、年に一度開あいねふれあいコンサートで発揮され、会場の皆さんに感動を与えてくださっています。
今回のセミナーでは、午前中は「ハンドベルコスモス」の演奏をお聞きし、演奏者の方たちと交流の場を持ちます。午後は異なる対象者へ療法的なハンドベル奏法とその効果についてグループ別に話し合い、発表し合う実際的な学びの場となります。
午前、午後と充実した内容を企画しています。
多くの参加者をお待ちしています。
ミニミニ講座と定例会へのお誘い
新座市福祉の里3階講義室にて10時〜10時30分までミニミニ講座を開催します。
音楽療法現場で働いている音楽療法士の貴重な体験を聞き、それを実際に演奏したりと、参加者の皆様の職場で役立つヒントを見つけられるよう企画しています。

続いて10時30分〜12時まで定例会が開催されます。
講師(北村真理子:晃陽看護専門学校、浦和短期大学非常勤講師)による音楽療法体験から
音楽療法士自身の変化の難しさと大切さについての講義と、参加者の体験や意見を出し合って、音楽療法の質を高めるヒントになるような講座を予定しています。

ミニミニ講座で音楽療法の専門性を広げ、定例会で音楽療法の専門性を深める2段式の中身の濃い講座です。音楽療法士の方はもちろん、音楽療法に興味をお持ちの方も、どうぞお気軽にご参加ください。

参加費 会員 1.000円
     一般  2,000円
12月の定例会

12月より定例会会場と開始時間が変わります。

場所:新座市 福祉の里 !F 会議室
時間:10:00〜12:30

あいね事務所では行いませんのでお気をつけください
ふれあいコンサート

場所:新座市 福祉の里 3F 講義室

会場:13:00
開演:13:30

詳細はコンサートのページにて